水良ければ良い品が出来るという教えを引き継ぎ、明治33年から「お酢」作りをしています。昔ながらの製法と九州内の原料にこだわり、玄米黒酢、純米酢、無農薬玄米麹、米麹、麦麹、甘酒、味噌、塩麹などを製造しています。

『みそ新聞』

ご注文してくださった商品に、添えて送らせていただいている酢屋新聞。初刊から15年目に入っています。

川添酢造の、日々の仕事や、新商品紹介、お酢料理アイディア、メディア告知やおすすめ書籍など、さまざまなニュースを取り上げて、今月号で117号になっています。

昨年の11月に、特別号として、「みそ新聞」を発行しました。味噌作りセットのご注文が増えて、お味噌に関して特化した新聞も書いてみよう!と思ったのでした。

みそ新聞2号も、そのうち書きますね!お楽しみに!

この2年で、おうち時間を利用して、お味噌作りをご自宅で楽しまれる方が増えたように思います。

ご自宅でお味噌作りをすることのハードルは、大豆を炊くことだと思います。これまでも、詳しい作り方を同封してお送りしており、わかりやすいと好評でした!この度、作り方を、もっとわかりやすく、詳しいものにバージョンアップします!!(おそらく今週末から新しいバージョンが同封され始めると思います)

作ってみたいけどな〜、作れるか心配だな〜、と二の足を踏んでいる人も、ぜひ!チャレンジしてみてください。

ご自分で大豆から炊いて、混ぜて、捏ねて、出来上がるまでじっくり待ったお味噌は、きっと体も心も満たしてくれるような、美味しい味になると思いますよ〜。

11月に作ったmy味噌。今はもっといい色になって、そろそろ食べようか、もう少し待とうか悩んでいるところです。冬場は3ヶ月ほどで美味しい若味噌ができますが、お好みで長く熟成させたりしてみてください。

この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。