水良ければ良い品が出来るという教えを引き継ぎ、明治33年から「お酢」作りをしています。昔ながらの製法と九州内の原料にこだわり、玄米黒酢、純米酢、無農薬玄米麹、米麹、麦麹、甘酒、味噌、塩麹などを製造しています。

パパの簡単手料理『塩麹餃子』

川添家では夕飯に餃子がでると子どもたちが喜び食卓が明るく楽しくなります!そんな餃子を休日に仕込んでパパの手料理を家族に振舞いませんか⁉︎

材料(いつもは目分量なので参考程度に…)

①豚挽き肉350g

②白菜250g

③ニラ1束

④塩麹50g(弊社の麹の力使用)

材料はたったこれだけ!具の分量や材料は好みで変更してみてください。

細かく刻んだ白菜、ニラと豚挽き肉、塩麹をしっかりと混ぜ込みます。

混ぜ込んだら20分ほど寝かせます。混ぜ込んだ具を寝かせることで塩麹の中に含まれる酵素がタンパク質に作用してアミノ酸を作り出し旨味を引き出します。

焼き始める直前に包みます。ここでポイントですが、塩麹に含まれる酵素にはタンパク質を分解するものだけでなく、デンプンを分解するものが入っています。ですので先に包んで置いておくと、皮のデンプンが分解されて柔らかくなり過ぎ、焼くときに皮が破れやすくなってしまいます。

しっかり蒸し焼きすれば美味しい塩麹餃子の出来上がり!

川添酢造のお酢(玄米酢やクロモジ黒酢)に豆板醤をといて食べるのが私のオススメです!ビールも進みますよ〜

この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。